流産した友人に出産報告の年賀状を出してしまったあり得ないミス

私が第一子を出産した年の年賀状の話です。

子供を持った事のある方なら、子供が生まれた時の嬉しい気持ちは想像がつきますよね?
特に第一子誕生の喜びは格別です。女性の場合は妊娠がわかった時からハイな気分になり出産後も出産後ハイが続く人は決して珍しくないのではないでしょうか?
私もそんな女性の1人です。

とある友人も同時期に妊娠がわかり、ともに喜びを分かち合い、お互い出産の日を待ち遠しく思い、会えばいつもお腹の子供の話をしていました。それがある頃から、メールやLINEのレスポンスが遅くなってきたのです。おかしいなとは思っていましたが、妊娠も後期に差し掛かり色々忙しくなった私は特にアクションも起こさずにいました。

そんな中、共通の友人を通して彼女がお腹の子を流産してしまった事を知りました。しかしその頃はもう出産間近で自分の事に忙しく、何もしないまま出産を迎え、無事に子供が生まれました。そして三ヶ月後、年賀状の準備を始め、私は迷うことなく「家族が増えました」と印字入で子供の写真が入った年賀状を知人、友人に発送しました。

そして、発送が終わり一息ついていたころに、私は流産してしまった友人にも年賀状を送った事に思いあたったのです。
返事はもちろんありませんでしたし、LINEもメールも無視されています。自業自得ですね…。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ